トイレ水漏れは水道管と繋がるパイプ類が原因の場合も

配水管や給水管などのパイプ類が水漏れの原因となるケースについても知っておくと、いざという時に安心でしょう。これらには壁の中にある水道管からタンクや温水洗浄便座へと水を引いている配管でトラブルが起こることも想定して必ず止水栓がついています。水漏れを発見した際はまずこの止水栓を閉めることが最優先事項ということからも分かるように、これらの管がトイレ側に流れる全ての水を水道管からつないでいるのです。言い換えればこの管を元から絶ってしまうことで、トイレに流れる水を遮断することが可能です。

■パイプ類からの水漏れ原因

主な原因として挙げられるのはやはり長年の使用による劣化が大きいでしょう。例えば原因が単にパッキンの劣化の場合などは自分で修理することも可能です。まずは給水管の直径を計り、パッキンのサイズを確認します。そしてホームセンターなどで新しいものを購入し、ドライバーで交換する手順となります。この程度の問題であれば自分たちで修理に挑戦してみても良いかもしれません。しかし、パイプの交換が必要な場合はそうもいきません。この場合は工具や部品も必要なものが増え、専門的知識も必須となってきます。そして何より、事態を悪化させてしまう危険性も高いので水道修理業者に依頼するのが無難と言えるでしょう。

■水漏れ予防策

一番良いのは水漏れなどのトラブルに直面しないことです。他の多くのトラブルと同様に、そのためには予防が重要となってきます。普段から私たちのできる予防策について知っておきましょう。一番有効な予防策はなんと言ってもメンテナンスです。水漏れが発生してしまう前に給水管や配水管をチェックし、バルブやナットを正しく締め直す、将来水漏れを起こしてしまう危険性のある箇所を早期発見できると言った定期的なメンテナンスを水道工事会社に依頼することは非常に有効的です。
その他にもトイレの掃除をこまめに行う、大量に水を流しすぎないといった日常的な使用方法にひと工夫おくことも効果的です。また掃除の際に使用する薬剤にも注意が必要です。各トイレメーカーが推奨している清掃方法をきちんと守ることもトイレの寿命を生かす上でとても大切です。

■まとめ
毎日使うトイレだからこそ知っておくべき知識の1つが水漏れに対する対応や予防です。問題が発生してしまってから慌てることのないよう、ある程度の予備知識を頭に入れ自分たちで対応できる範囲を正しく把握することが大切です。その範囲を少しでも超えると判断した時には、修理の依頼、時にはトイレの交換などの工事を実績と信頼を兼ね備えたしっかりとした水道工事会社への依頼が最重要ポイントとなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ